業界トップクラスの相続ノウハウと実績。東京・大阪を中心に全国対応。

《小規模宅地等の特例とは?》

2019年9月20日

Q.相続税の計算で「小規模宅地等の特例」という制度があると税理士から聞きましたが、どの

  ような特例でしょうか?

 

A.「小規模宅地等の特例」とは、亡くなられた方が住んでいた自宅の土地や、事業で使ってい

  た土地の相続税評価額を減額する制度です。

 

   小規模宅地等の特例は、生活の基盤となる宅地の相続税評価額を減額し、税負担を軽減す

  る制度で、昭和58年に創設されました。この制度により、相続税の納税のために生活に必

  要な土地を手放さずに済むようになりました。

   現在では、亡くなられた方の居住用、個人事業用、貸付事業用、同族会社の事業用、郵便

  局舎用の宅地について要件を満たせば適用があり、評価額が最大で80%減額されます。


   対象となる宅地の種類は様々ですが、特例の適用にあたって共通する注意点は以下のとお

  りです。

    ・税務署へ申告する必要あり

    ・宅地の取得者が確定する必要あり

    ・生前贈与の土地は適用不可


   各宅地の詳細については次回以降に具体例を交えてご説明いたします。

     また、小規模宅地等の特例についてお困りのことがあれば、ぜひOAG税理士法人までご

  連絡ください。

まずは、お客様の現状やご希望をお聞かせ下さい。

私たちは、ご来社いただけるお客様に限り、無料でご相談をお受けしております。
そこでしっかりとお客様の現状を把握し、その状況に基づいて最適なプランをご提案いたします。お客様にご納得いただけた場合にのみ契約をしていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

相続相談カテゴリ
ピックアップ相談
ニュースと
相続に関する
旬な情報
メールマガジン登録