業界トップクラスの相続ノウハウと実績。東京・大阪を中心に全国対応。

《居住用不動産②~住宅ローン控除って何ですか?》

2019年12月9日

住宅ローン控除って何ですか?


Q、私は令和1年8月に新築のマイホームを購入し入居しました。

 マイホームを取得した場合に所得税や住民税が安くなることがあると聞きましたがどうすれば

 いいのでしょうか。例年は勤務先での年末調整しか行ったことがありません。


A、 一定の要件を満たすことで住宅ローン控除を受けることが可能です。

 マイホームを取得した初年度である令和1年度は税務署に対して確定申告が必要ですが、令和

 2年度以降はいつも通りの年末調整で手続きを済ませることができます。


【控除を受けるための主な要件】

  ・マイホームの取得後6ヶ月以内に住み始めること

  ・住宅ローン控除を受ける人の年収が3,000万円を超えないこと

  ・マイホームの床面積が50㎡以上であること

  ・住宅ローンの返済期間が10年以上であること


【控除額】

  ・1~10年目にわたり、年末の住宅ローン残高1%となります。

   (控除される上限額は40万円となります。)


【補足事項】

 ・令和1年10月から令和2年12月までに購入し消費税が10%で契約されたマイホームについて

  は、減税期間が3年間延長されます。控除限度額は「年末の住宅ローン残高」と、「建物価

  格×2%÷3年」とのうち低い金額となります。

  (令和3年1月以降は、従来の住宅ローン控除に戻ることが予定されています。)



※適用要件を満たすかどうかなど判定が難しい場合もございます。

詳細な適用要件等についてはOAG税理士法人までお問い合わせください。

まずは、お客様の現状やご希望をお聞かせ下さい。

私たちは、ご来社いただけるお客様に限り、無料でご相談をお受けしております。
そこでしっかりとお客様の現状を把握し、その状況に基づいて最適なプランをご提案いたします。お客様にご納得いただけた場合にのみ契約をしていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

相続相談カテゴリ
ピックアップ相談
ニュースと
相続に関する
旬な情報
メールマガジン登録