業界トップクラスの相続ノウハウと実績。東京・大阪を中心に全国対応。

相続税がかかるのはどんな財産? 車やテレビにも相続税はかかりますか?

2014年12月1日

Q:相続税のかかる財産にはどういったものがありますか?車やテレビにも相続税はかかりますか?



A:相続税のかかる財産は、原則的には金銭的な価値のあるものすべてと考えていいでしょう。つまり、不動産や銀行預金から家庭用の動産(自家用車、テレビなど)まですべてが税金の対象になるわけです。


相続税のかかる財産を大きく分けると次の3つです。


○本来の相続財産

これは、被相続人(亡くなった人)から直接相続した財産のことです。一般的には次のような財産です。

  1. 土地(借地権も含まれます)、家屋
  2. 現金、預貯金、有価証券
  3. 家庭用動産(自家用車、絵画、宝石、テレビなど)
  4. 実質的に被相続人の所有と考えられる家族名義の預貯金、有価証券など
    なお、お墓や仏壇、位牌などは課税の対象からはずされ、非課税となっています。

○みなし相続財産

これは、被相続人から直接相続した財産ではありませんが、被相続人の死亡がきっかけで得た財産ということで課税されるものです。一般的には生命保険金と死亡退職金です(ただし、非課税枠があります)。


○3年以内の贈与財産

これは、相続や遺言で財産を取得した人が、相続開始前3年以内に被相続人から贈与された財産のことです。相続税の計算上は、贈与を受けた人の相続財産に加算します。
なお、支払済みの贈与税については相続税から控除されます。

相続時精算課税制度を選択した贈与財産

相続時精算課税制度を選択した財産については、すべて相続財産に加算されます。


◆将来値上がりしそうな相続財産を贈与する方法とは?

私たちは、ご来社いただけるお客様に限り、無料でご相談をお受けしております。そこでしっかりとお客様の現状を把握し、その状況に基づいて最適なプランをご提案いたします。 お客様にご納得いただけた場合にのみ契約をしていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。



まずは、お客様の現状やご希望をお聞かせ下さい。

私たちは、ご来社いただけるお客様に限り、無料でご相談をお受けしております。
そこでしっかりとお客様の現状を把握し、その状況に基づいて最適なプランをご提案いたします。お客様にご納得いただけた場合にのみ契約をしていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

相続相談カテゴリ
ピックアップ相談
ニュースと
相続に関する
旬な情報
メールマガジン登録