業界トップクラスの相続ノウハウと実績。東京・大阪を中心に全国対応。

個人型確定拠出年金、利用していますか?

2016年2月19日

平成27年の確定申告がスタートしました。毎年恒例という人にとっては、何か良い節税方法がないものかという気持ちを改めて持つ時期かもしれません。

 

そのような方に、ご質問です。個人型確定拠出年金を利用していますか?この制度は所得税上の優遇が多いながら、知名度の低さや名称から受ける敷居の高さからあまり活用されていない制度です。現在は、自営業者や企業年金がない会社員が加入することができます。

 

まず、個人型確定拠出年金の最も大きなメリットは、掛け金の全額が所得控除されるという点です。例えば自営業者であれば、拠出限度額は年間816千円で、この全額が所得控除されるというのは大変大きなインパクトとなります。確定拠出年金では、運用方法を自分で選択できるため、リスクの低い運用方法を選択し、元本をなるべく確保しながら、所得控除のメリットを享受するということもできます。

 

2つ目のメリットは、確定拠出年金の運用益は非課税となる点です。非課税部分の金額を再投資することができますので、複利効果を引き出すことができます。

 

3つ目のメリットは、年金受け取り時のメリットです。年金として受け取るときには公的年金等控除が受けられ、一時金として受け取る場合には退職所得控除が受けられます。

 

60歳になるまでお金を引き出せないことや、運用会社等に支払う運用手数料には注意することも重要ですが、上記のメリットは大変大きなものです。

 

企業年金がある会社員や専業主婦、公務員でも個人型確定拠出年金制度を利用できるよう国で審議されており、対象者が大幅に拡大する可能性も高くなっています。

 

一度検討してみてはいかがでしょうか。

まずは、お客様の現状やご希望をお聞かせ下さい。

私たちは、ご来社いただけるお客様に限り、無料でご相談をお受けしております。
そこでしっかりとお客様の現状を把握し、その状況に基づいて最適なプランをご提案いたします。お客様にご納得いただけた場合にのみ契約をしていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

相続相談の具体例
メールマガジン登録