業界トップクラスの相続ノウハウと実績。東京・大阪を中心に全国対応。

税理士が必要な理由

相続専門の税理士が必要な理由

相続税の納税額は、その申告書を作成する税理士により、大きな差が生じます。
例えば、一つの相続税申告手続きを複数の税理士が別々におこなったとしましょう。同一案件ですから、当然、遺産も同じ、相続人も同じ、その他諸々条件はすべて一緒であるにもかかわらず、ただ一点「税理士が違う」というだけで、相続税の納税額に明らかな差がでてくるのです。

特長1財産評価の考え方ひとつで相続税額が変わる!

相続税の申告は、事前の対策も含め、誰がおこなっても同じというわけではありません。
その理由の一つとして、相続税申告作業の中心となる財産評価についての考え方にかなりの幅があるということが挙げられます。
たとえ相続の直前であっても対策を模索する視点や、いざ相続が起きたときの財産評価の方法など、担当税理士の知識、知恵、ノウハウの差が、納税額に大きく影響するケースが多々あります。

特長2遺産分割方法の創意工夫が相続税額を軽減!

遺産分割の方法を工夫することで相続税が軽減されます。それは最初の相続(1次相続)だけでなく、配偶者に相続が起きたとき(2次相続)の相続税も同様です。
また、相続するのは財産だけではありません。債務承継の方法によっては、所得税にも影響がでる場合もあります。
遺産分割をおこなう場合は、広い視野を持って考え、実行することが必要となります。

特長3申告後の税務調査で否認をうけないために!

国税庁の発表している相続税の税務調査の統計によると、1件当たりの否認額の平均は約4,000万円のようです。各申告内容によって税率はさまざまですが、仮に税率が30%だとすると、4,000万円×30%=1,200万円となり、同額の相続税の追加納付が必要となります。
そればかりでなく、加算税、延滞税といった税金も上乗せになります。

相続税の調査で否認を避けるためには、申告前にどれだけ相続財産の内容を的確に把握できるかが重要になります。

特に名義預金、名義株(名義は相続人や親族の方でも、実際の所有は亡くなった被相続人)の判定は調査でももめるところですので、申告前にその確認が必要です。要は被相続人の財産と相続人たちの財産を明確に区分してわかっていることが必要で、調査時にもその区分をうまく説明できるようにしておくことが大切です。相続人の方はできるだけ、ご自分の財産の形成過程を把握しておくことをおすすめします。

相続税調査というと、一見、亡くなられた方の調査と思いがちですが、実際は亡くなられた方と相続人たちの両方の調査になります。

例えば、亡くなられた方の銀行預金から1週間前に1,000万円引き出しがあったとします。これは亡くなられた方の調査でわかりますが、大事なのはそのお金がどこに行ったかです。それを探すために相続人たちの調査(例えば相続人の銀行口座)が必要になるわけです。

次に、財産の評価で判断に迷うようなケースは、あらゆる場合を想定し、そのリスクを考えます。問題が大きい場合(多額の税額の差が出るような場合)は事前に課税当局に文書で照会することも有効です。

また、問題になりそうなポイントについては、実際に調査になった場合にすぐ提示できるよう、必要な資料を準備しておくことも重要になります。

OAG税理士法人では、経験豊富なスタッフが将来の調査を見込みながら申告書の作成をおこない、また、一貫して税務調査の対応もおこなっています。

まずは、お客様の現状やご希望をお聞かせ下さい。

私たちは、ご来社いただけるお客様に限り、無料でご相談をお受けしております。
そこでしっかりとお客様の現状を把握し、その状況に基づいて最適なプランをご提案いたします。お客様にご納得いただけた場合にのみ契約をしていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

相続相談の具体例
ニュースと
相続に関する
旬な情報
メールマガジン登録